土留部材引抜同時充填工法 研究会

↓↓↓こちらからご覧になれます。
土留部材引抜同時充填工法研究会

Facebookページ:https://www.facebook.com/hikinuki.jp/


土留部材引抜同時充填工法とは


土留部材は、土木工事において開削工法により、掘削を行う場合に、
周辺土砂の崩落を防止するために用いられるもので、仮設工事には欠かせないものです。

しかしながら、地盤に対する正しい認識がされないまま工事が進めらることで、
土留部材が地盤沈下を引き起こしてしまっているケースが多く見られるのが現状です。

土留部材引抜同時充填工法は、土留部材を安全に回収できる唯一の工法

地盤沈下抑制
土木工事のコスト削減
環境負荷軽減


の3つを実現した、新工法です。

土留部材引抜同時充填工法は3つの法則を実現


当社は、協同組合Mastersの正会員として、
土留部材引抜同時充填工法の普及活動を行っております。

この工法を皆様に知っていただき、
地盤沈下フリーな土木社会の実現を目指すべく、日々活動しています。

伊勢

<担当者経歴>

1989年に福岡県に生まれる。福岡県立修猷館高等学校、九州大学工学部卒業

2016年春より株式会社日建福岡営業所勤務。

2017年春に、協同組合Masters正会員として組合に加入。土留部材引抜同時充填工法の担当者に抜擢。

2017年秋より、大阪本社に異動。地盤環境事業部を推進。

趣味は剣道。ラーメングルメ。