沿革・ごあいさつ

HOME > 沿革・ごあいさつ

沿革・ごあいさつ

株式会社日建 沿革

専務取締役 松永 和也
2011年8月設立

当初、株式会社日建工務店として、「お客様のお役に立てること。」「お客様のお困りごとのお力になれること。」とミッション掲げて、幅広い事業分野においてプロジェクトを独自の提案力で遂行してきました。


2014年8月から社名を株式会社日建へ

当社は経営計画において、コアビジネスである住まいに関する分野に既存住宅現況検査と環境関連コンサルタントを加えて、更なるサービスの強化、また事業投資や企画・マネジメントサービスの拡大・育成を行いました。

その後電力会社から各業界団体・組合、メーカー、商社等の提携・協力を経て、高度なエンジニアリング技術とプロジェクトマネジメント、確実な実行力に対して国内外の顧客から高い評価を得ています。


破産管財人の要望に応える

ある破産管財人から要望があり、
破産会社のアフターフォローサービスを一手に引き受け、破産管財人の煩雑な顧客対応の代行業務に携わるようになりました。

それは特定商取引事業者等の破産手続きに伴い、購入者等が受けた損害拡大の防止を図り、利益を保護・擁護または増進し、あわせて商品等の役務の提供を適正かつ円滑にし、購入者等の生活の安定及び向上を確保することとして購入者及び破産管財人並びに行政機関に高い評価を得ています。


新たな企業像

2015年から本格的に社会貢献を事業として始めました。
動機は設立以前より当社の代表がこども虐待防止オレンジリボン運動を行っていたことです。

『全てのこどもは、こどもの権利として適切に養育されること。その生活を保障されること、愛され、保護されること。その心身の健やかな成長や発達そして、その自立が図られること』という使命感や事業目的を持っています。


毎年虐待死させられるこどもは100人

わが国では3日に1人の割合でこどもが殺され続けています。
こどもを守ることは核家族化、地域社会の連帯意識の希薄化等戦後一貫して続いた社会の一方向の変化の結果であり、容易に回復する術は誰も提示できていない現状では、「公」すなわち、児童相談所、学校、警察が連携してこどもを守る機能を最大限高めること以外に有効な対策がありません。

当社は児童相談所と警察等関係機関の情報共有と連携しての活動を主たる内容とする「子ども虐待死ゼロを目指す法改正」を求める活動を行っています。


障害者の自立及び社会参加の支援等

また同社は障害者の自立及び社会参加の支援等のためタスクを定め、総合的かつ計画的に推進し、障害者の福祉を増進しています。
「全ての障害者が、障害者でない者と等しく、障害を理由とする差別の解消の推進に関して条例制定の推進運動」を行っています。

障害を理由とする差別の解消を推進し、全ての人々が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に資することができること。

こどもが良好な環境において生まれ、社会のあらゆる分野において、年齢や発達の程度に応じて、その意見が尊重され、その最善の利益が優先して考慮され、心身ともに健やかに育成されるように努めると強く意気込んでいます。

「愛と豊かさ」を社会に貢献していく株式会社日建の今後に期待してください。



2017年6月6日

専務取締役 松永和也



代表者あいさつ

代表取締役 二木信昭
2011年8月、宅地建物取引事業者として設立した株式会社日建工務店は、「お客様のお役に立てること。」「お客様のお困りごとのお力になれること。」をミッションとして不動産売買賃貸・レンタルスペース・管理・仲介・リフォーム・ハウスクリーニング・害虫駆除・建材卸などのお住まいに関する分野から、商店コンサルティング・ファイナンシャルプランニングなどに至る幅広い事業分野において、北海道から鹿児島46都道府県、中国マカオなどで1万5000件におよぶプロジェクトを遂行してきました。

高度なエンジニアリング技術とプロジェクトマネジメント、さらには社会貢献に対する真摯な姿勢と確実な実行力に対して、国内外のお客様から高い評価を頂いています。

当社は、2014年8月から社名を株式会社日建とし経営計画において、コアビジネスであるお住まいに関する分野に既存住宅現況検査に、環境関連事業コンサルタントを加えてさらなるサービスの強化、また事業投資や企画・マネジメントサービスの拡大・育成を図り、社会貢献においてはさらにミッションを拡大し児童発達支援や被災地復興支援の分野に参入して新しい企業像への変貌を目指しております。

また当社は2018年より経営理念の刷新を行い、「私たちのリノベーションで人々を幸せに。」と掲げて、「行動力。 素直さ。 気づき。」と、行動指針を具体的に掲げました。

自らを革新していく力を常に失うことなく、お客様に幅広いサービスをご提供すると同時に、変貌のスピードを加速する様々な課題の解決に貢献してまいります。

これもひとえに当社ステークホルダー皆さまのおかげです。
今後ともご指導、ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。



2018年3月1日

代表取締役 二木信昭



ビジネスランチャー記載
2017年7月「TDB TEIKOKU NEWS ビジネスランチャー」掲載
経営理念
経営理念 2018年3月1日改訂

前のページに戻る
ページの先頭へ
  • HOME

株式会社日建
コンサルティングファーム

ディべロップメント事業部
ホームリモデリング事業部
ソリューション事業部

〒540-0011
大阪府大阪市中央区農人橋1-1-7
  谷町エクセルビル4階

TEL:06-6947-8888
FAX:06-6947-8889

コールセンター
コンサルティングオフィス

ホームエネルギーマネジメント事業部
ウインドライフ(WT)事業部

〒810-0073
福岡県福岡市中央区舞鶴3-2-21
  赤坂パークビル5階

TEL:092-739-9888
FAX:092-739-9889

コンサルティングオフィス
ホームエネルギーマネジメント事業部

〒895-0051
鹿児島県薩摩川内市東開聞町3-1
  神田ホワイトハイツ1階

TEL:0996-20-8688
FAX:0996-20-8689

コンサルティングオフィス
ソリューション事業部
ホームリモデリング事業部

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-24-16
  広小路ガーデンアベニュー4階

TEL:052-856-9560
FAX:052-856-9501

療育ステーションCOLORS
児童福祉-障がい者支援事務局
こども食堂ひまわり
COLORS SPORTS CLUB

〒630-0201
奈良県生駒市小明町1348-1
  COLORS Bld.

TEL:0743-74-1010
FAX:0743-74-1100

療育ステーションCOLORS
やまとこおりやま

こども支援事業部

〒639-1044
奈良県大和郡山市小泉町東3-3-13

TEL:0743-85-4833
FAX:0743-85-4834

Aihome Smart Support Club

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」